タンドラ日記

<<  2007年 8月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

低い...

現在「引っ越し」にむけて着々と準備をしています。週明けには新しいアドレスを公表できるかもしれません。それまでは容量がMAXに達するまで、いままで通りここでブログを更新します。
Towingの仕事で、最も困るのは大きな車でもなく、不動車でもなく、低い車です。
lowbus001

車高が低いと、載せるのも降ろすのも一苦労。しかも、今回のこのVWバスは、ここまで車高が低いうえに不動車...。
lowbus003

この状態で完全にスタックしました。マフラーが地面に接触しています。で結局どうしたかというと、トレーラーの「足 (ハシゴ)」を出したままタンドラを前進。強引に引きずり降ろしました。
lowbus002

この仕事を長年やっていると、荒技や裏技ができるようになります。(笑) ところでこのワーゲンバス、見た目はボロボロですが、中身もボロボロです。(笑) しかし、空冷ワーゲンフリークの一部の人達の間では、このスタイル (Rat Look) がクールなんです。ボロボロカサカサだけど、あえてオリジナルペイントを保ち、車高を極限までオトすスタイル。しかもこれは50'sのバス。こう見えてもとても価値があり、お値段もびっくりです。
lowbus004

しかし最近は何故低いクルマが多いのか...。次回からは追加料金を請求しようと考えています。(笑)
lowbus005
Towing | 投稿者 ウルフ 16:52 | コメント(11)| トラックバック(0)

感謝!

皆様の熱きご声援、大変感謝しております。こんなブログでも毎回更新を楽しみにされている方々がおられるというのは嬉しい限りです。そこでやはり以前引越を考えた際に、作りかけたまま放置してあるブログを復活させたいと思います。なので少しだけ時間を下さい。
ところで、ここ最近ホビダスの趣味ログはスパムコメントに集中攻撃されているようで、当ブログも例外ではありません。先程頑張って全て削除しましたが、イタチごっこです。その作業だけでかなり疲れました。ある意味タイミングがいいというか、もう潮時のようですね。新しい場所で心機一転頑張りますのでこれからも是非お付き合い下さい!
compare015
お知らせ | 投稿者 ウルフ 09:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

Good News & Bad News...

top10

先日、日本の友人から指摘されて初めて知りました。なんと「タンドラ日記」が、御世話になっているホビダスの「趣味ログ」ランキングでトップ10入り果たしていました。しかも8月24日時点で6位!皆さん、いつもアクセスありがとうございます!お陰様で当ブログもなんとか一年弱続けることができました。ところが、突然ですが「タンドラ日記」は今月末をもちまして終了させていただくことになりました。

そのワケは...

 *ネタがなくなった?>ネタはくさるほどあります。
 *仕事が忙しくなった?>まったく。(笑)
 *更新に疲れた?>苦になるようならとっくにヤメてます。
 *もしやタンドラを売った?>ありえません。(笑)

本当の理由は...

画像の許容スペースがもうすぐなくなってしまうのです。



以前にも同じ理由で存続の危機に立たされましたが、タイミング良く100MBに大幅増量され、なんとか今日まで持ち堪えることができました。しかし、調子にのって画像をどんどんアップしていたら、あっという間にこのありさまです。前回のように過去ログから画像を削除しながら続けていくというのはちょっとしんどいので、今回は最後に有終の美?を飾ることもできましたし、潔く終止符を打つことにしました。引っ越し?愛着のあるホビダスを離れるのは誠に寂しい限りですが、今後続けていくにはそれ以外に方法はありません。現在検討中です...。

とりあえず、容量がMAXに達するまで続けていくつもりですが、ひょっとすると今月末日を迎える前に終了するかもしれませんし、更新状況によっては来月上旬までは続けることができるかもしれません。

ということですが、皆さん、最後までよろしくお願い致します!


ウルフ

お知らせ | 投稿者 ウルフ 07:26 | コメント(10)| トラックバック(0)

L.A.名物

日本の帰省ラッシュ時の高速道路の大渋滞、大変ですよね。しかしここロサンゼルスのフリーウェイは毎日が帰省ラッシュさながら。
latraffic001

ここはロサンゼルスを南北に走る主要フリーウェイの一つ、110FWY。通称 "ワンテン"。平日の通勤/帰宅時間帯は上り下り共につねにこのような状態。この時間帯に事故が発生したり、野球などのイベントが重なると、渋滞にさらに拍車がかかります。
traffic002

ロサンゼルス近郊のフリーウェイは、ラッシュ時にはどこもかしこもこのような状態になるので、イライラせずに音楽でも聞きながら流れに身を任せるのがベスト。短気は損気。最近やっとわかってきました。(笑)
traffic001
日記 | 投稿者 ウルフ 10:50 | コメント(4)| トラックバック(0)

ラッセラー!

夏はやっぱり祭りです!という事で、はるばる青森までやってまいりました。
nebuta001

というのはウソで、ここはロサンゼルスのリトル東京。二世ウィークと呼ばれる毎年恒例の日系人のイベントです。速報はココをクリック。(共同さん、早すぎです。) 若い人達を中心としたボランティアのハネトさん達も大勢集まり、イベントを盛り上げていました。
nebuta002

前半のパレードでは先導車としてタンドラが登場。イベントスポンサーでもある米国トヨタの協力だそうですが、今回同イベントで本物のねぶたの参加が実現したのは、多くの地元日系企業の協力によるもの。本当に素晴らしい事だと思います。
nebuta003

ダブルキャブも登場。ヘッドライトに組み込まれたこのポジションランプが夕暮れ時にはやけにかっこよく見えます。
nebuta004

今回は地元ローカル局の取材の仕事でしたが、普段は滅多に来ることがないリトル東京。ここ数年は再開発などが進み、周辺は少しづつ雰囲気が変わってきました。しかし、未だにこのような古いビルやアヤしい看板のお店などが一部存在し、独特の雰囲気を漂わせています。(個人的にはすごく好きですが...。) マツキヨならぬ、「ドンキヨ」。何のお店かはわかりません。「ミスター・ラーメン」。味はわかりませんが、気になります。リトルトーキョー、今度ゆっくりと探検してみたい気になりました。
nebuta005

デジカメでちょっとだけ動画を撮ってみました。
日記 | 投稿者 ウルフ 16:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

比較その三

勝手な比較シリーズ最後は、やはりALL NEW タンドラ。
compare016

フルモデルチェンジなので先代の面影はまったく感じられませんね。
compare017

真横に並べると、私の愛車はすっぽりと隠れてしまいます。
compare018

こうやって見ると、先代タコマとタンドラを比較しているようです。次回のフルモデルチェンジ時には一体どうなっているのか。
compare019

compare020
Tundra | 投稿者 ウルフ 14:09 | コメント(4)| トラックバック(0)

比較その二

前回、勝手に比較させてもらったダブルキャブと同じパーキングでアクセスキャブを発見したので、これまた勝手に比較タイム開始。車高を上げたり、スペーサーをかましたりとちょっと愛車をイジり始めると、かつてのノーマル状態と比べたくなってしまうのです。(笑)
compare007

このグレーのアクセスキャブも私の愛車同様、TRDオフロードPKG。恐らく年式も同一の'03モデル。見た感じフルノーマルの状態なので、比較対象にはピッタリです。
compare009

まずは車高。私の愛車はスペーサーによって、フロントが2インチアップしています。
compare008

このアングルだと、サイドミラーの位置からフロントの車高の違いが良くわかります。
compare010

そしてこれがタイヤのハミ出し具合の違い。フロントは純正ホイールに1.5インチのスペーサーをかましています。
compare011

リアは2インチ。ノーマルと比較すると、こんなにもハミ出しているんですね。自分でもちょっと驚きました。(笑) ちなみにリアの車高はノーマルのままです。
compare012

しかし!上には上がいました。
compare013

以前はタンドラをイジる (と言ってもスペーサーをかましているだけですが...) 気などまったく芽生えなかったのですが、2代目を手に入れた後、徐々にP/Uの世界にのめり込んでしまいました。そしてノーマルの状態で個人的に気になり始めたのがフロント下がりの車高と、ホイールのオフセット。知識不足で、フロントアップ後、CVブーツからグリスをまき散らしたりとトラブルもありましたが、ルックス上は今の状態に非常に満足しています。しかも低予算。ここがミソです。(笑) そして次のプロジェクトは?隣のシェビーのようにはいきませんが、前後のショック交換を検討中。Towingの影響でリアは特にヘタり気味。ビルシュタインのHDショックに、リアはリーフ増しも考えています。もちろん作業はD.I.Y.。どうなることやら...。
compare014
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 15:07 | コメント(2)| トラックバック(0)

比較その一

突然ですが、今日はいきなり間違い探しです。この2台のブラックタンドラの相違点は?よく見るとヘッドライトやターンシグナルの形状が違っていますね。そうです、左はダブルキャブです。
compare001

しかし、リアにまわるとその違いは歴然。
compare002

こうやって並べて比較すると、ダブルキャブのテールライトはデカい!
compare003

そしてベッドも深い!
compare004

compare005

しかし!車高の高さだけは勝りました。(笑) 相手はドノーマルですが...。
compare006
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 06:23 | コメント(4)| トラックバック(0)

大先輩

ちょっと前に、MOONEYES U.S.A.のオフィス立ち寄った際、大先輩に遭遇しました。
stout001

スタウトです。年式を聞くのを忘れてしまいましたが、1960年代生まれでしょうか。現車はすでに日本へ送られているそうなので、何十年ぶりかの里帰りということになるのでしょう。
stout002

きれいにレストアされるのを待ちわびているようです。
stout003

日本でどのような状態になるのか気になりますが、MOONEYESが製作するとなると、きっと面白い仕上がりになるでしょう。
stout004

大先輩の横でデカい態度の我がタンドラでした。
stout005
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 10:33 | コメント(2)| トラックバック(0)

フォード・ワゴン

今回は私の愛車、フォード・カントリースクワイアを少しだけ紹介をさせて下さい。
myltd001

年式は'72。現車も見ずに、ネットオークションで衝動買いをしてからかれこれ3年が経ちました。ちなみに、実動車としては破格の安値で落札。運が良かったのか、それともまったく人気がなかったのか定かではありませんが、おそらく後者です。なぜなら入札は私を含め2件のみでした...。まあこの広いアメリカで、風変わりなモノ好きがもう一人存在したということです。購入時、唯一不具合のあったリアゲートのパワーウィンドウは接触不良が原因で、自分で簡単に直すことができました。内外装ともにフルオリジナル。欠品やキズなどは多々ありますが、サビも事故歴もなく、シートも張り替えなしのオリジナル。なかでもお気に入りが...。
myltd002

このリアゲート。P/Uトラックのように開くこともできるし...
laport 008

横から開くことも可能。当時はフォードの"3-Way Magic Doorgate"と呼ばれ、この車の大きなセールスポイントでもあったようです。もう一つの開閉パターンというのは、リアウィンドウを閉じた状態でも横から開閉できるというもの。
myltd003

セカンドシートを倒すと驚異的なスペースが確保できます。
myltd005

当時のフルサイズワゴンの興味深いオプションがこの対面式サードシート。通称 "Kiddy Seats"。子供用シートです。
myltd004

イメージはこのような感じ。ちなみに、この子供用チェステーブル(?)はフォードから実際にオプションとして販売されていたようで、マニアの間ではかなり高値で取り引きされているようです。当時はメーカー側もファミリーカーとしての車内での「子供対策」を色々と考えていたようですね。今日ではDVDやテレビゲームですが...。
myltd011

myltd010

このカタログはロングビーチのスワップミートで手に入れました。1972年当時のフォードワゴンのラインナップカタログです。モデルの服装が70年代しています。
myltd009

プリウスと並ぶとこんな感じ。ながいながい。
myltd006

フルサイズですからね...。
myltd007

エンジンはオリジナルの400cu.in.、約6,550ccです。こう見えても、購入してから現在にいたるまでトラブル知らず。踏み込めばアメリカ車らしい豪快な加速をしてくれます。フリーウェイでの75マイル巡航はまったく問題なし。でもファミリー用のワゴンで6.5リッターなんて、今ではありえないですよね。サイズといいエンジンといい、今日では時代錯誤となってしまった、この「あり得なさ」が私にとってこの車の最大の魅力となっています。
myltd008
日記 | 投稿者 ウルフ 15:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

サンセットビーチ

週末、久しぶりにフォードワゴンで海へ。
sunset001

場所はマリブの手前にあるサンセットビーチ。ここは、比較的年配のロングボーダーが多いアットホームな雰囲気のポイントなので、ヘタくその私には最適です。アグレッシブかつローカル色の強いマリブと違い、ここにくるサーファー達は皆フレンドリー。のんびりと波乗りを楽しめるので、最近のお気に入りスポットになっています。この日の波はあまり良くありませんでしたが、パドリング中、目の前に小柄なアザラシがひょっこりと顔を出しました。ゴマちゃんとそっくりの顔をしたそのアザラシは警戒心など皆無なようなので、その場でしばらく観察。そのなんとも言えない愛嬌たっぷりの仕草に心が癒されました。
sunset003

ここで知り合った友人のMAGNUM R/T。会社員の彼はほぼ毎朝、出勤前にここで波乗りをしているそうです。これぞまさしく南カリフォルニアライフ。朝の苦手な私には真似できません...。
sunset002

日記 | 投稿者 ウルフ 04:55 | コメント(6)| トラックバック(0)

AAA (トリプルA)

先日、しばらく乗っていなかったフォードワゴンを久しぶりに動かそうと思ったら、キーが見つかりません...。
triplea001

案の定、インドアロックをしていました...。最後に運転したのが約2週間ほど前。かなりの間抜けぶりです。
triplea002

スペアキーを持っていないので、早速AAA (トリプルA) に電話をして、助けを求めました。登場したのは日産フロンティア。インドアロックやガス欠など、特にレッカーが必要ない時には、こういったP/Uトラックがお目見えするようです。
triplea003

ベッドにはガソリン&軽油や、ジャッキ、エアコンプレッサーなどが積まれていました。
triplea004

作業そのものは1分ほどで終了。さすがプロです。そしてフロンティアが輝いて見えました!
triplea005
日記 | 投稿者 ウルフ 06:34 | コメント(2)| トラックバック(0)

ウレシクさせるカレンダー

今年も、アッ!!!という間に8月です。季節感のない南カリフォルニアに長年住んでいると、時間がまったりと流れているような「錯覚」に陥りますが、毎月カレンダーめくる度に、焦りを感じてしまいます。しかし!めくるのがうれしくなるカレンダーがあるんです。水着モノではありませんよ。
calender001

どういった経路で入手したのか忘れてしまいましたが、今自分の職場に掛けてあるこのカレンダーは、ページ (月)ごとに異なったオフロードビークルが特集されていて、今月はタンドラでした。タンドラといっても中身はまったく別物のレースカーのようです。
calender002

毎月、カレンダーをめくるのが楽しみです。
calender003

ちなみに、今年の1月はタイタンでした。
calender004

もう一冊ガレージに掛けてあるのも頂き物ですが、こちらは毎月、各メーカーのバイクが登場します。今月はヤマハでした。
calender005

インターナショナル・モーターサイクル・ショーという、全米各都市で開催されるバイク業界のイベントをトヨタもスポンサーしているらしく、カレンダー中、この真っ赤なタコマが各ページに登場します。さすがトヨタ。PRに余念がありません。
calender006
日記 | 投稿者 ウルフ 05:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

P/Uトラックの国

先週末、L.A.郊外の公園で散歩を終え、パーキングに戻ってみると、示し合わせたようにP/Uトラックが並んでいました。フォード、シボレー、そしてダッジ。皆荷台に子供用の自転車や遊び道具を積んで公園にくるようです。やはりP/Uはアメリカ文化の一部なんだと改めて感じました。
trucklineup001
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 11:03 | コメント(2)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]