タンドラ日記

<<  2007年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

5th Wheel

憧れのキャンピングトレーラー。
gooseneck001

いつかはこれで、ゆっくりと全米中を旅するのが今の夢です。
gooseneck002

しかし、このクラスのトレーラーは、"5th Wheel" と呼ばれるカテゴリーに属するので、連結部分はP/Uの荷台に取り付けるヘビーデューティー仕様のヒッチが必要となります。なので今のMYタンドラでは無理。
gooseneck003

この巨大なキャンピングトレーラーを引っ張るのは...。
gooseneck004

シボレーの3500HDでした。このクラスになると、ロングベッドでないと恐らく無理ですね。
gooseneck005
Towing | 投稿者 ウルフ 12:46 | コメント(2)| トラックバック(0)

ダットラ改!

先日運転中に見かけたダットラ。シブい色ですね。ホイールといいタイヤの扁平率といい、シブすぎです!車高も絶妙。ぶっ飛ばしてたんでやっと追いつきました。で、近くでよく見ると、なんとこのホイールは...。
nissan pu001

そうです、タイタンの純正ホイールです。サイズは17、いや確か18インチ。オーナーはかなりの日産通なのかもしれません。巷で見るタイタンは社外ホイールの装着率がけっこう高いので、おそらく純正モノは手頃な値段で手に入るのでしょう。しかし見事にマッチしていました。お見事です!
nissan pu002
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 12:35 | コメント(8)| トラックバック(0)

タイタン

以前にもこのブログで登場したことのあるタイタンですが、先日ある事に気が付き、また画像に収めてきました。それは...。
titan 001

このビレットグリル内側にセットされたフォグライト。ロゴから察するにHELLA製ですね。ウン、これはかっこいい。タンドラでマネをしたいですが、グリルの形状上、ちょっと無理でしょうか。
titan 002

これから遊びに行くのか、シングルトレーラーに水上バイクを積んでいました。
titan 003


titan 004
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 09:39 | コメント(4)| トラックバック(0)

謎のP/U

ロングビーチの橋の下で、こんなP/Uを見つけました。かなりやつれ気味ですが、もちろん現役で走っているようです。タイヤもさることながら、すごいリフト。そして迫力のオーバーフェンダー。
toyota highlift 001

しかし、丸目のハイラックス?なんて存在したんでしょうか?前から見ると何だかサニトラっぽい?
toyota highlift 002

どうですか、この存在感!ビミョーにドアの色とかが違っているのがロサンゼルスしていますね。
toyota highlift 003
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 09:51 | コメント(4)| トラックバック(0)

タンドラでiPOD その三

アレ?タンドラがウォークスルーに?
ipod adapter 202

そうです。センターコンソールボックスを取り外しました。
ipod adapter 201

とち狂った訳ではなく、今回iPOD本体をこのボックス内に収納する事にしたので、ケーブルを引っ張るためと...。
ipod adapter 203

そのケーブルを通すための穴を開けるために、一旦取り外します。当初、ここまでやる気はまったくなかったのですが、何故か急にメラメラとD.I.Y.精神が沸いてきました。
ipod adapter 204

後先考えずにこんな穴を開けてしまうのが、私の性格をとてもよく表しています。
ipod adapter 205

悩みに悩んだインターフェース本体の取り付け場所は、ドリンクホルダーの真下に設置することに。このドリンクホルダーは工具を使わずに簡単に取り外しができるので、本体へのアクセスが非常に楽になります。
ipod adapter 206

センターコンソールボックス内にケーブルが届きました。
ipod adapter 207

iPODはカーステ上でコントロールできるので、普段はボックス内に収納しますが、直接コントロールしたい場合には、ふたの隙間からケーブルを延ばし、このようにセットすることもできます。
ipod adapter 208

作業完了。iPODは外付けCDチェンジャーとして認識されるようなので、液晶パネルには"CD"の表示が。直結なので、当然音質も最高です。パネルにもきちんと文字情報が表示されています。特に必要はない機能ですが、何だかうれしい気分にさせてくれます。
ipod adapter 209

ジャック・ジョンソン、最近ハマっています。
ipod adapter 210

iPOD、もう手放せません。しかし、さすがに日本語情報は無理なようです。(笑) 
ipod adapter 211
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 18:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

タンドラでiPOD その二

12mmのソケットを買うためにホームセンターに向かったはずが...。ここは一体?Pawn Shop? そうです、質屋です。(笑)
ipod adapter 102

ホームセンターで財布を忘れた事に気が付きました...。車内の小銭を確認し、急遽近くにある質屋へ。ゴソゴソと質流れの工具セットの中を探すこと数分。見つけました、12mm。支払った額は50セント。始めからここに来るべきでした。
ipod adapter 101

自宅ガレージに戻り、さっそくデッキを脱着。
ipod adapter 103

いとも簡単に外す事ができました。トヨタ純正の6CDチェンジャー内臓のカーステ。
ipod adapter 104
デッキ裏側はこのような感じ。年式によってはこの裏のカプラーのサイズが違うそうなので、キットを購入する際には注意が必要。作業はいたって簡単。iPODインターフェースキットに付属されてくる配線を、その本体と純正デッキの間に繋げるだけです。問題は...。
ipod adapter 105

タバコの箱程度の大きさのインターフェース本体をどこに設置するか。できれば、何か不具合が生じた時のために、すぐにでもアクセスできる場所が理想です。グローブボックスの中も考えたのですが、ちょっと邪魔くさい。とりあえず助手席の足元に設置。うーん、でも目障りです。どうしたものか...。つづく
ipod adapter 106
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 14:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

タンドラでiPOD その一

以前にiPODを手に入れたことはお伝えしましたが、そのiPODを車内で使えたら...。7,500曲を車内に持ち込み、お気に入りのPodcastを好きな時に聴くことができれば、悪名高いL.A.の渋滞もきっと楽しいひとときになるはず...。
ipod adapter 001

ということで購入したのが、このiPODインターフェース。純正のカーステレオを利用し、iPODにダウンロードされた曲を聴けるというもの。私が購入したのはもちろんトヨタ純正に対応したモデル。他のメーカーのほとんどの純正カーステに対応したインターフェースが販売されています。FMの電波を利用したトランスミッターも検討していたのですが、FM局が乱立するL.A.ではあまりよろしくないとの噂を聞き、こちらを選択しました。最近の新しい車やカーステには標準でiPODの接続ジャックが備わっているそうですが、なんとも羨ましいかぎりです。
ipod adapter 002

中身はこれだけ。インストレーションもいたってシンプルということですが...。ちなみに、接続中はiPOD本体もチャージされるという優れモノ。そして、標準モデルに比べて少しだけ割高だったこのインターフェースは、カーステの液晶パネルで、iPOD内の曲名/アーティスト名が表示されるオプション付き。iPODの操作法は、純正カーステのCDチェンジャーをコントロールするのとほぼ同一。もちろんステアリングに備わったコントロール機能も利用できます。
ipod adapter 003

さて、まず第一ステップはこのデッキを一旦取り外さなければいけません。この辺りをイジるのは初めての経験。そして苦手な作業でもあります。作業はいたって簡単! というお決まりのうたい文句にノせられ購入しましたが、なんだかイヤな予感が...。
ipod adapter 004

はい、早速その予感が的中であります。デッキ本体を固定しているボルト (12mm) を外すためのソケットが手元にありませんでした。自業自得です。なのでこの状態でホームセンターへ急ぎます。工具セットの整理整頓は大切ですね。つづく。
ipod adapter 005
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 08:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

微力ながら...

もう15年近くも前の話ですが、新潟の南魚沼郡にある小さな町 (裸押し合い祭りで有名な) に数ヶ月間滞在していたことがあります。真冬で、しばしば大雪に見舞われることもありました。しかし、晴れ間が広がった日には八海山が一望でき、凍えながらもその美しい雪景色と、超新鮮な空気にえらく感動したことを憶えています。
本日は、微力ながら日本赤十字社の義援金に関するリンクを張らせていただきます。

平成19年新潟県中越沖地震義援金の受付について



今回の地震により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
お知らせ | 投稿者 ウルフ 10:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

ムーンアイズ USA BBQ パーティー

昨日、ロサンゼルス郊外にあるMOONEYES U.S.A.にてバーベキューパーティーが開催されました。年一で開催されるこのイベントは、その日限りの特別セールや、フリーフード&ドリンク、ライブバンドなどなど、いわゆるお客様感謝デーのような感じでしょうか。私は撮影の仕事だったので、朝の5時半に現地入り。
mooneyes bbq 001

駐車スペースが限られているので、ショップ周辺にはすでに多数の車が。'64年型でしょうか、Kustom系のエルカミーノは初めて見ました。皆自慢の愛車をできるだけ目立つ場所に停めたいんですね。
mooneyes bbq 002

"Kustom" 系のクルマがほとんどですが、中になこのようなストリートロッドも。
mooneyes bbq 003

このサイズのスペアタイヤはまず積めないですね...。
mooneyes bbq 004

お昼前には周辺道路はカーショー状態。スゴいことになっていました。
mooneyes bbq 005

中にはこんな車も。V8エンジンにスワップされたオースティン。一瞬コブラかと思ってしまいました。(笑)
mooneyes bbq 006
イベント | 投稿者 ウルフ 10:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

一周年

おかげさまで、当ブログ「タンドラ日記」は一周年を迎えました。本日までの総アクセス数は、なんと20万をすでに突破し、23万ヒット。始めた当初は、1日あたりのアクセス数が数十件だったのが、今では多いときに1,700ヒットを数えてしまうなど、正直かなり驚いています。元々副業であるTowingネタを中心に始めた当ブログ。一年という節目を迎えて、ここで思い出深い?車達を振り返ってみたいと思います。
1stAnniv 006

最も高額だった車はこの1954年式のVW タイプ2デラックスでした。運転中は緊張で汗だくになってしまったのは言うまでもありません。
1stAnniv 003

最も古かった1929年式モデルA。エンジンをかけるのに相当苦労しました。
1stAnniv 004

最も長かったエア・ストリーム。よくもこんなものを運んだものです...。
airstream01

最もデカかったSUV、GMCのYukon。かなりヘビーでした...。
bigsuv001

逆に最も小さかった車はこのポルシェ914。すべてこのサイズだといいですね...。
1stAnniv 002

最も長かったP/U。私のトレーラーより長かった...。
bigwheel06

最後はトレーラーから最もハミ出してしまった車。泣きそうになったのは言うまでもありません。散々酷使したあげくに下取りに出してしまった先代タンドラですが、ミッション、大丈夫だったかな...。こんなおバカな私のブログですが、これからもよろしくお願い致します。
cargovan1
日記 | 投稿者 ウルフ 08:42 | コメント(18)| トラックバック(0)

ロサンゼルス港

Port of Los Angeles、ここロサンゼルス港にくると今日本でどのようなクルマが流行っているのかが一目瞭然。2、3年前まで、圧倒的な台数で日本に出ていたナビゲーターやH2ハマーは、今では少数派。そのかわり、最近わりと増えているのが...
laport 001

そうなんです。タンドラなんですね。FJクルーザーやタコマもちらほら見かけますが、最近では新型タンドラがよく出ているようです。
laport 002

ロングベッドも日本へ!
laport 003

しかしこのホイールベース、東京の下町あたりじゃ間違いなく切り返せないでしょう。でも酒屋さんが配達用でタンドラなんかに乗っていると、かなりカッコいいのでは?トヨタがいすゞと合弁会社を設立するとのニュースが流れていたので、ディーゼルエンジンのタンドラが登場すれば、2トントラックの代わりとして日本でも需要があるかもしれませんね。そんな訳ないか。(笑)
laport 004

このド迫力グリルのラムも....
laport 005

ロングベッドでした。日本ではフルサイズのロングベッドが流行ってる?大きなお世話ですが、駐車場大変ですよね...。
laport 006

一頃に比べてかなり台数が少なくなったローライダーもいました。しかし、多種多様なクルマが日本に向けて旅立って行きます。日本の車文化は案外アメリカより奥が深いかもしれませんね。
laport 007
日記 | 投稿者 ウルフ 10:40 | コメント(6)| トラックバック(0)

カルマンギア

珍しく、VWのカルマンギアを2台運びました。一台は、白のカブリオレ。
karmann001

もう一台は、赤のハードトップ。二台とも南カリフォルニアネイティブの極上コンディション。古いクルマは、とにかくボディコンディションがとても重要。降水量が極端に少なく、乾燥した気候の南カリフォルニアで走ってきた車はサビがなく、マニアの間では高値で取り引きされています。
karmann002

ちなみにこの二台のカルマンギア、行き先は日本じゃないんです。
karmann003

二台共、生まれ故郷のヨーロッパに向かうんですね。なので直接港への搬入ではなく、コンテナを扱う船会社へ。昨今のユーロ高で、ヨーロッパからの買い付けが増えているようです。
karmann004
Towing | 投稿者 ウルフ 10:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

誘惑

ここ最近、ダイレクトメールなどによる新型タンドラのセールス攻勢にあっています。今回のお知らせは、期間限定のゼロ金利キャンペーン。現在、アメリカで新車をローンで購入する際の金利は、だいたい7パーセント前後。例えば5年ローンを組んだ場合、車の値段にもよりますが、数千ドルが金利で消えます。これを考えると、金利ゼロというのは相当魅力的なオファーです。この機会を見逃す手はない!?今日は、ディーラーから直接下取りの電話までくる始末。新型タンドラ、売れ行きが悪いのか?と疑ってしまいますが...。
toyota flyer001
日記 | 投稿者 ウルフ 16:17 | コメント(10)| トラックバック(0)

タイタン

アメリカの日産ディーラーのショールームは、数年前からこのような洗練された建物に統一されていて、その外観は一見するとおしゃれな高級家具などを取り扱うお店のようです。
nissan dealer005

最近ちょっと元気がなさそうな日産自動車ですが、P/UやSUVは好調なのではないでしょうか。アルマーダやパスファインダー、そしてタイタンは巷で走っているのをよく見かけます。特にタイタンに関しては、現行のダッジラムより売れているんじゃないかと思う程、最近よく見かけるようになりました。
nissan dealer006

22インチを履いたクルーキャブ。ドアノブ、ミラーなど他のクロームパーツと相まってやけに高級感が漂っています。2008年モデルのラインナップには、とうとうロングベッドが投入される模様。(キャビンはキングキャブのみのようです。)
nissan dealer007

リアビューも引き締まったデザインで、「硬派」な雰囲気。
nissan dealer008

こちらはキングキャブ。スタイリング面では悩むところですが、やはり家族がいたり、SUV並みの快適性を望むのならクルーキャブ?ちなみに、巷で見かけるタイタンは、圧倒的にクルーキャブが多いですね。タンドラ OR タイタン、あなたはどっち?(笑)
nissan dealer009
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 10:31 | コメント(6)| トラックバック(0)

日産ディーラー

ちょっと前に、とある日産ディーラーで撮った画像です。そこのショールームには、なんとも素晴らしいオリジナルコンディションのダットサンP/U (620?) が展示されています。その荷台には、タイタンとタンドラの比較パネルが誇らしげにディスプレイされていました。5.7Lの新型タンドラが発売される前の画像なので、排気量、エンジンスペックにトルクなど、タイタンが上回っています。
nissan dealer001

ディテールを見た限りでは、おそらく内外装ともにレストアなしの、正真正銘のオリジナルコンディション。まさにタイムスリップしてきたかのような状態です。
nissan dealer002

値段を付けるとすると、おそらく向こうに写っている新車のフロンティアに近い値段が付くかもしれません。ボディカラーも70年代まんまのレトロな雰囲気がいい感じです。ショールームカーですが、南カリフォルニアの空の下なら最高に映えるでしょう。
nissan dealer003

デビュー当時は、タンドラを凌ぐパワーとトルクで驚かされましたが、巻き返しで、タンドラも5.7Lになり、パワーも一気に引き離してしまいましたね。08タイタンの反撃が楽しみでしたが、カタログによると、排気量はそのままの5.6Lで、控えめ?の12馬力アップ = 最高出力317HPになったそうです。でも相変わらず怒濤のトルクに変わりありません。V8ピックアップは、300馬力オーバーが当たり前の時代になっていますね。
nissan dealer004
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 07:08 | コメント(8)| トラックバック(0)

Chevy HD

巷でシボレーの新型シルバラードを見かける機会が多くなってきました。今回町中でみかけたのは...
chevy hd001

出たばっかりの2500HD Extended Cab。メーカーのライセンスプレートを付けていたので、これはおそらく広報車。メディア関係者が借りているのかもしれません。
chevy hd002

デビュー当時からこのクロームバンパーは圧巻でした。日本のデコトラ真っ青です。他を寄せ付けない威圧感がありますね。
chevy hd003

新型タンドラも劇的にモデルチェンジしましたが、シルバラードのグリルデザインもかなり大胆です。
chevy hd00

真横から見ると、絶壁。
chevy hd005

3500のデューリーも早く見てみたいものです。
chevy hd006
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 10:43 | コメント(5)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]