タンドラ日記

<<  2006年 11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

リフレッシュ

先日、放置状態に近かったフォードワゴンを出動させました。デカい、大食い、止まらない、オイルは漏れる、日本人には変人扱いされる、などなど何拍子も揃っているMyフォードワゴンですが、その風貌と豪快な加速、そして優雅?な乗り心地は現代のクルマではとうてい味わえないものがあります。
ltdrefresh001

何ヶ月ぶりかのオイル交換。かなり不気味に変色したオイルが出てきました...。
ltdrefresh004

今回利用したショップはあのモービル系の"EZ Lube"というL.A.近郊には何十店舗もあるお店。この手のショップは決まってオイル交換だけで客を帰そうとはしません。あれを換えたほうがいい、これを新しくしたほうがいいなど、巧みに追加サービスを勧めてきます。普段はまったく耳を貸さない私ですが、しばらく乗ってあげれなかった罪悪感とその年齢を考慮した結果、大盤振る舞いする事に決定。まずはオイル交換後、ラジエターの冷却液を抜き、内部をフラッシュ。
ltdrefresh005

これがその機械。ノズルでラジエター内部の冷却液をしばらく循環させながらきれいにするという仕組みらしい。ご覧下さい、このラジエター内から出てきたドブ川さながらの液体の色を。来年で35歳になるこのワゴン、ひょっとすると生まれて初めての「腸内洗浄」だったのかもしれません。さあ、これですっきり!普段町乗りで上がり気味の水温もこれで多少は安定するか?
ltdrefresh006

次のメニューはトランスミッションオイルのフラッシュと交換。これも長い間手付かずの状態だった可能性が大。というのも、交換後はオートマのシフトショックがかなりスムーズになりました。
ltdrefresh007

最後は時間をかけて洗車。フルコースでリフレッシュしてあげたMyフォードワゴン。一足早いクリスマスプレゼントでしたが、これからも大事に乗っていこうと思います。
ltdrefresh002
日記 | 投稿者 ウルフ 15:05 | コメント(4)| トラックバック(0)

南カリフォルニアライフ

サンクスギビング (感謝祭) の連休が終わり、南カリフォルニアにも徐々に秋の気配が感じられるようになって....きません!さすがに朝夕はちょっと冷え込むようになってきましたが、日中は汗ばむほどの日差し。すでに雪が降っている州もありますが、ここは私の能天気人生を後押しする素晴らしい?気候です。なので、週末はちょっとビーチまで足を伸ばしました。
manhattanbeach001

ライフガードのP/Uも現行モデルのフロンティアに代わっていました。ちなみに、トヨタはロングビーチグランプリ、ホンダはロサンゼルスマラソンなどなど、各日本社メーカーはカリフォルニアでの様々なイベントを通して地元との交流を図っています。恐らくこれらライフガード用のP/Uも米国日産が無償で提供しているのだと思われます。
manhattanbeach002

ライフガード。その昔、私も憧れました。"Bay Watch"を観て。(笑)
manhattanbeach003

どのアングルから見てもカッコいいもんです。PR効果は抜群ですね。
manhattanbeach004

やはりカリフォルニアのビーチにはVWが似合います!
manhattanbeach005

南カリフォルニアのロコガールはビーチでは年中こんな感じ!何度ビーチに行っても飽きる事はありません。(笑)
manhattanbeach006
日記 | 投稿者 ウルフ 10:21 | コメント(6)| トラックバック(0)

チョイワルタンドラ

静かな住宅街の路地でたまたま見かけたワルそうなオールブラックタンドラ。
badtundra001

私の次のプロジェクトはリフトアップなんで、最近はその手のタンドラを見つけると、わざわざ車を停めて観察しています。個人的にはこのダブルキャブのようにフロント下がりを解消する程度にリフトアップしたいと考えています。
badtundra002

ホイールの色はよーく見ると黒に近いガンメタ。メーカーはアメリカンレーシングでした。しかしこの手のホイールは一般的にはスペアタイヤと間違われそうですが、そこをあえてチョイスするところはオーナーのこだわりなんでしょう。好き嫌いは分かれるところですね。
badtundra003

私はアルミ製のスペーサーを考えているんですが、この手のウレタン?製はどうなんでしょうか。耐久性も気になるところです。
badtundra004

リアゲートのエンブレム類は全てスムージング。特にクルマに詳しくない人はどこのメーカーのP/Uかすぐには判断できないでしょう。
badtundra005

タイヤサイズは285/75。ウーン、私も次の交換時にはこれぐらいを履かせたい...。でもちょっとデカすぎるかな?
badtundra006
Tundra | 投稿者 ウルフ 11:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

Good News!

今日は非常にうれしいニュースが二つあります。まず一つ目は、このブログのファイル容量が今までの30MBから一気に100MBに大幅増量されました!これで、更新する度にちまちまと過去ログの画像を選別しながら削除していくという悲惨な作業から解放され、余裕を持ってブログアップができるようになりました。一時は「引っ越し」も考えたんですが、待っていた甲斐がありました。ネコパブさん、ありがとうございました!
さて、もう一つのニュースというのは、本日郵便受けにNewタンドラのこんな冊子が届いていました。
newtundranews001

カタログではないんですが、来年2月の販売開始が予定されているNewタンドラのPR用パンフレットのようなものです。
newtundranews002

広げるとポスターサイズに。
newtundranews003

米国トヨタのウェブサイトにもNewタンドラ特設サイトが設けられていますので、興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。今まではどちらかというと「優等生」的なイメージのあったタンドラから、「タフ」なイメージを全面に打ち出している次期タンドラ。アメリカのP/Uトラック市場に本格参入するトヨタの意気込みが伝わってきます。
newtundranews004
日記 | 投稿者 ウルフ 11:26 | コメント(4)| トラックバック(0)

ホイール交換 その3

タイヤ屋さんにはちょっとヒヤヒヤさせられましたが、無事にホイール交換も終了。ここで、交換前と後の画像を載せてみました。
wheelchange014

個人的には、ホイールを換えただけでちょっとスポーティーなイメージから、下半身がドッシリ感を増したイメージ通りのスタンスになったと思います。ホイール表面の質感も高く、汚れなども落ちやすいコーティングが施されていて大変満足しています。
wheelchange015

さあ次は車高をなんとかしたいですね。
wheelchange016
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 11:38 | コメント(4)| トラックバック(0)

ホイール交換 その2

前回の続きになります。Myタンドラはあっという間に四輪全て外され、まな板の鯛?状態。しかしこうやって見るとP/Uトラックのタイヤってデカいですね。
wheelchange010

タイヤは四本共まだ8から7分山だったのでそのまま流用。どうでしょう、やっぱりこのホイールとこのタイヤ、なかなかマッチングしてると思いませんか。ちなみに、私はタイヤのホワイトレターは外に出す派です。中には内側にする人もいますけど。
wheelchange011

仕事が早い、早い。あっという前にバランス取りも終了。
wheelchange012

さあ、どうでしょう!次回は路上での画像でお見せします!
wheelchange013
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 15:57 | コメント(4)| トラックバック(0)

ホイール交換その1

お待たせしました!(別に待ってない!?)いよいよホイールを交換する日がやってきました。以前タンドラTRDオフロードPKG専用の純正ホイールをネットオークションで格安で手に入れた事をお伝えしましたが、ついにそれらを装着する日がきました。なので、このホイールにもお別れです。決して嫌いなデザインじゃないんですが、以前所有していた2000年モデルのタンドラも同じホイールでちょっと飽きてしまったのと、現在装着されているBFグッドリッチのタイヤにはオフロードPKG専用のホイールが一番似合うと思ったのが購入理由です。ちなみに、交換後、このホイールもセットでネットオークションに出品し、希望価格で落札されニューオリンズへと旅立っていきました。よって今回のホイールアップグレードは工賃も込みで、ほぼプラマイゼロ。なんて素晴らしい時代なんでしょう。
wheelchange001

今回ホイール交換の為にやってきたのはこのタイヤショップ。その名も"ブラザーズ タイヤ&ホイール" 。ちなみにあまり治安の良い場所ではありません。なぜわざわざそんな所まで行って交換するのかと言うと、以前にたまたま利用した時にすごく対応が良く、手際が良かったんで今回も世話になりました。L.A.では場所もショップも意外と見かけによりません。店構えや場所が良くてもいい加減なショップなんていくらでも存在します。
wheelchange002

ギラギラホイールに目がいってしまいます。地元じゃけっこう人気のショップのようです。
wheelchange003

さあ、早速作業に取り掛かります。丁寧に扱ってね。オニーさん。
wheelchange004

そうすると、一台の真っ白なエクスペディションが入ってきました。
wheelchange005

やけにデカいと思ったホイールはなんと24インチ。
wheelchange006

そのリムの修理にやってきた彼は、けっこう有名なラッパーさんらしい。乗り心地は?と聞くと、ノーマルより全然いいぜ!なんて言ってましたが、ホンマかいな。L.A.の下道で24インチはかなりヤバイはずです。だからリムが曲がったんだと思います。しかし黒人さんはノリがいいので好きです。来年はPRで日本にも行くなんて言っていましたが、興味のある方は彼の車に張ってあるウェブサイトにアクセスしてみて下さい。ライセンスプレートにも注目。
wheelchange007

さて、自分のタンドラに目をやると、すでにこんな状態。
wheelchange008

瞬く間にピットイン状態!大丈夫かな...。続く
wheelchange009
MYタンドラ | 投稿者 ウルフ 16:55 | コメント(6)| トラックバック(0)

ウォーキングDR

ウォーキングドクターこと、デューク更家さんのL.A.での初のトークショーが本日開催され、超大盛況のうちに幕を閉じました。今回はインタビュー撮影の仕事で会場へ。ほぼ満員の会場は、デュークさんの絶妙なトークとパフォーマンスで大熱狂。こちらが心配になる程のファンサービスに、プロ魂を感じました。舞台裏でもとても気さくで、スタッフにも気配りを忘れない素晴らしい方でした。日本各地でもイベントを開催されているようですが、これは絶対オススメです!
walkdoc001

どういう訳か最近無茶苦茶忙しいです。が!今日はもう寝ます。次回ネタはホイール交換。本当です...。Zzzzzz...
walkdoc002
仕事中 | 投稿者 ウルフ 18:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラウン PLAYBOY エディション?

一体どこから探してくるのか、今回もお客さんのご要望で1965年型のクラウンを港まで移動。ペイントは大分褪せていますが、内外装共にオリジナルコンディションだそうです。
bluecrown001

この年式は通称 "丸テール" と呼ばれるらしく、なかなかレアなモデルだそうです。
bluecrown002

フロントまわりはすごく味があっていいですね。しかしよーく見るとグリルになんだか見慣れた?デザインのエンブレムが。
bluecrown003

お茶目な前オーナーは、本来はあの有名な王冠マークが位置する場所に、このプレイボーイマークを付けてしまったんですね。その下の "CUSTOM" のスクリプトも後付けですが、何だか両方共やけにマッチしていてあまり違和感がありません。日本のクラウンファンには、冒瀆だ!なんて言われそうですが、私はアメリカ人のこの遊び心というかシャレッ気大好きです。
bluecrown004

さあ、明日はいよいよあのホイールを取り付ける日が来ました!
bluecrown005

Towing | 投稿者 ウルフ 11:33 | コメント(4)| トラックバック(0)

ハリウッド

ハリウッドにある編集スタジオにて軟禁?状態が続いています。
hollywood001

徹夜明けの今日、ぎりぎりでプレビューに間に合い、ほっと一息。本業である編集屋の仕事が忙しくなってきたのは喜ばしい事ですが、タンドラねた滞っていますね。頑張ります...。
hollywood002

しかしすごい時代になりました。一昔前には考えられなかった事ですが、この弁当箱サイズのアルミボックス、外付けハードドライブなんですが、その容量はなんと1テラ。私がこの仕事を始めた頃にはテラって何?っていう状態でしたが、とうとう個人レベルでもテラ級のドライブが手に入る時代になってきました。出版関係の仕事をしていた頃には1ギガのJAZZディスクなんていうメディアでやりとりしていましたが、それの1千ディスク分の容量を気軽に持ち運べるなんて...。しかしこれでも非圧縮の映像素材をがんがんに取り込んでいるとあっという間に一杯になってしまうんで、また数年後には聞いた事もない単位のドライブが市場に出回っているのでしょう。ちなみにWikipediaによるとテラ(tera=1兆)の次はペタ(peta=千兆)、エクサ(exa=百京)、ゼタ、ヨタと続くそうです。はい、もう寝ます。
hollywood003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 17:14 | コメント(2)| トラックバック(0)

11秒台

久々のTowingネタです。今回運んだこのVWビートル、一見ホイールと車高以外はオリジナル風。ところがこのクルマ、とんでもないシロモノなんです。
fastbug001

fastbug002

太めのリアタイヤに極太マフラー。この手のハッタリ仕様も巷では多いですが、一旦キーを捻ると、空冷VWのポテンシャルを知らない人でもそのエンジン音にただならぬ雰囲気を感じるはずです。
fastbug003

これがゼロヨン11秒台を叩き出す空冷フルチューンエンジン。シビアなセッティングだったんで、トレーラーに載っけるまで何度もエンストしてしまいました。(汗)
fastbug005

ダッシュの追加メーターがこのクルマがただ者ではない事を物語っています。ステアリングはなんとポルシェ純正。
fastbug004

ハースト製のクイックシフターに、ラインロックまで備えているんですね。これはもう公道を走るドラッグマシンです。
fastbug006
Towing | 投稿者 ウルフ 17:47 | コメント(2)| トラックバック(0)

働くトラック

昨日無事に撮影が終了。今回はちょっと大掛かりな撮影になったので、照明チームが借りてきたトラックはこのフォードF550。日本だとこの手のトラックはキャブオーバートラックになると思いますが、ここではP/Uベースのヘビーデューティー (HD) シリーズが定番。
f550_001

引っ越しや機材運搬用のトラックはどう考えても日本のエルフやキャンターなどのキャブオーバートラックがベストだと個人的には思ってしまいます。なんか無駄が多いような気が...。見た目は文句なしにカッコいいんですけどね。
f550_002

排気量6.8L、V10エンジン。トヨタもいつの日かこのスペックのHDタンドラを投入する日が来るんでしょうか?
f550_003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 16:39 | コメント(1)| トラックバック(0)

ダウンタウン L.A.

今日もL.A.の空は雲ひとつない快晴!紅葉の「こ」の字も感じられない毎日が続いています。早朝から向かった先は、ロサンゼルスのダウンタウン。週末なんでフリーウェイもスイスイ。
downtownla001

我が家から30分ほどで目的地に到着。この古ぼけたレンガ作りの建物内で昨日から仕事をしています。本当は最終日のSEMAに行く予定でしたが、急な仕事でこっちを優先せざろうえなくなりました。フリーで仕事をしてるんで当然の話ですが...。実はこの辺り、決して治安の良い場所ではないので、車を停める場所には気を付けなくてはなりません。ちなみに写真に写っている人物はアヤしい人じゃありません。(笑)
downtownla002

この建物、実は撮影スタジオなんですね。今回の写真は先日下見で訪れた際にPVを撮っていたあるバンドの撮影風景。
downtownla003

1930年代に建てられ、廃墟となっていたこの元倉庫を現オーナーが買い取り、約10年前から撮影スタジオとして貸し出しをしているそうです。ほとんど改修などの手が加えられていないというこの倉庫、すごくイイ味が出ていると思いませんか?先週は米系の某有名スポーツシューズメーカーがCM撮影を行っていました。ロケも含め、L.A.ではほぼ毎日至る所で様々な撮影が行われているんですね。今回私が手伝っている撮影の仕事は企業秘密?なんでちょとお伝えする事ができません。
downtownla004

PV撮影中のバンドのツアーバスならぬ、ツアーコンボイ。
downtownla005

クリスチャン系のロックバンドで、米国内ではかなり知名度は高いそうです。
downtownla006

このトラック、なんとこの20FT近いトレーラーも引っ張っているんですね。この倉庫がある場所はどん詰まりなんで、ずっと先からバックで入ってきた事になります。ただでさえ運転するのが大変そうな車両ですが、さすがアメリカ...。
downtownla007

ご興味のある方はどうぞ。
仕事中 | 投稿者 ウルフ 08:09 | コメント(2)| トラックバック(0)

ギブアップ

今回お客さんのリクエストで車の引き取りに向かった先で待ち受けていたのは...
シェビーのK-5ブレイザー。正確な年式は忘れてしまいましたが、確か70年代後半。新車時からの塗装が保たれた素晴らしいコンディションのこのK-5、日本にも熱烈なファンがいるようですね。これぞアメリカン!っていうスタイルに惚れ込むのもわかる気がします。ところが!
blazer001

このブレイザー、トレーラーに載らないのですよ。原因はこのハミ出しタイヤ。一目見た時から嫌な予感がしていたんですが...。全長/車幅は問題なかったんですが、社外ホイールを付けたこのフロントタイヤがトレーラーのホイールハウジングに干渉してしまうんです。強引にいっちゃおうかとも思ったんですが、これは日本にいるお客さんの大切なクルマ。そんな事できません...。エスカレードにナビゲーター、そして不可能だとも思われたサバーバンに至るまで様々なフルサイズを運んできましたが、これは記念すべき?ダメ出し第一号となりました。
blazer002

さて、困りました。どうしたものか。「ヘ、オレ様を甘く見るんじゃねーぞ」とでも言いたそうなこの後ろ姿。運転してきたオーナーは、「これ (K-5) で、オマエのタンドラを引っ張ればいいじゃねーか。」なんて他人事のように言います。確かにね...。
blazer003

当然ながら元オーナーのアイデアは却下。結局お客さんに現地に来てもらい、ブレイザーを自走。そのお客さんのクルマを私が引っ張って帰るというなんともまぬけな結果に相成りました。お気付きの方もいるかと思いますが、このタコマ、以前にフリーウェイ上でオカマをほられたあのタコマです。リアバンパーはなくなってしまいましたが、板金屋さんで応急処置を施し、しぶとくもまた元気に走っています。これぞカリフォルニアスタイルですね。(笑)
blazer004
Towing | 投稿者 ウルフ 09:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

Up or Down

タンドラ貧乏計画を進行するにあたって、現在様々なP/Uスタイルを日々研究中。クルマをカスタムする際に、通常の乗用車の場合は恐らく?悩む必要のない問題ですが、P/Uトラックの場合、車高下げるローダウンとは逆に、リフトアップという選択技がありますよね。最近巷で見かける大なり小なりのカスタムを施したP/Uは、圧倒的にリフトアップ組です。
4wheelparts001

かくいう私も実はホイールを換えた暁にはリフトアップを目論んでいます。当然ながら予算は限られているので、写真のシェビー並みのリフトはありえません。(お金があってもありえません。) まず第一にウチのガレージに入りません。しかしこうやって我がタンドラ君を隣のハイリフトシェビーと比較してみると、なんて控えめでおとなしそうなことか。まあ個人的にはそこがタンドラのイイところでもあるんですけどね。しかし、このうつむき加減な雰囲気、なんとかしなければいけません。
4wheelparts002

ここのショップでは、次々にハイリフト&ワルなP/UやSUVが量産されてファクトリーから出てきます。現行モデルのFシリーズのリフトアップも最近ではよく見かけるようになりました。
4wheelparts003

以前はあまりピンとこなかった現行F150ですが、こうやってリフトアップした姿を見ると、すごくカッコいい!それにしてもみんなガンガンにタイヤをハミだしてますが、これが今のスタイルなんでしょうか?雨が少ない南カリフォルニアならいいと思いますが、そうでない場所だと後続の車などにけっこうひんしゅく買いそうです。
4wheelparts004

パーキングには前期モデル?のF150の姿も。ところでこのシェルのリアウィンドーのデカール、なかなかユニークでカッコいいと思いませんか?戦闘機マニアのオーナーなのか知りませんが、面白いアイデアだと思いました。
4wheelparts0058

4wheelparts006
P/U Trucks | 投稿者 ウルフ 10:03 | コメント(6)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]