タンドラ日記

<<  2007年 5月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

トヨタフェスト:その四

今回も画像満載でお届けするトヨタフェストレポート。お見せしたいクルマが多すぎて、選別も大変です。このままだとブログの容量オーバーは時間の問題....。
toyotafest038

まあとりあえず、そんな事は気にせずにいってみましょう。今年で12回目の開催というAll Toyotafest。米国トヨタが全面的にバックアップしただけあって、当日は大盛況。トヨタ、レクサス、サイオンと、それぞれがブースを設け、新型モデルを展示しておりました。当ブログとしては、やはりカバーしなければならないのが、これらの車両でしょう。
toyotafest039

昨年のSEMAでデビューした新型タンドラ。5インチ程リフトアップされているでしょうか。そのせいで、間近で見るとそのスケール感に驚きます。
toyotafest040

toyotafest041

MAGNAFLOW製マフラー。このデュアルタイプのサウンドサンプルはないようですが、シングルならココで聞くことができます。
toyotafest042

昨年のオフロードレース、BAJA 1000でデビューしたというFJクルーザー。ギターメーカーのギブソンがスポンサーしているのがユニークですね。マフラーのギブソンならわかりますが。
toyotafest043

ちなみに、FJクルーザー、今すごく売れています。サンフランシスコからの帰り、PCHで頻繁にみかけました。マウンテンバイカー、キャンパー、ロッククライマーなどなど、アウトドア派の支持を確実に得ているようです。何故日本で正規に販売しないのかが謎ですね。
toyotafest044

レース中にプレステも楽しめる?
toyotafest045

これも昨年のSEMAショーでデビューしたV8タコマ。
toyotafest046

ホントにV8?
toyotafest047

私の表情を読み取ったのか、スタッフがわざわざボンネットを開けてくれました。まぎれもないV8です。違和感なく見事に収まっていますね。インマニがブラックに塗装されています。真似しようかな....。昨年のSEMAではかなりはじけていた米国トヨタ。今年は何をやらかしてくれるのか今から楽しみです。次は5.7L V8をスワップ?
toyotafest048

こちらもデュアル。しかし、こちらはサイド出しではなく、リア出し。音を聞けなかったのが残念。
toyotafest049

このつや消しペイント、確かにかっこいいんですが、自分のクルマにこのペイントを施すとなるとかなり勇気がいりますね。
toyotafest050

さて、打って変わってここのブースでは米国トヨタミュージアムからのクルマ達が展示されていました。2000GTなどにまじって、真っ赤なスタウトも。
toyotafest051

1967年式。ちょうど40年前のトヨタのP/Uトラックです。
toyotafest052

ステアリングのホーンリングが60年代ですね。インパネ左のプッシュボタンはヘッドライト?それともワイパースイッチ?この年代のクルマを運転する時は、色々な発見があるので非常にワクワクさせられるものです。
toyotafest053

いいものをたくさん見せてもらいました!
toyotafest054
イベント | 投稿者 ウルフ 11:33 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]