タンドラ日記

<<  2007年 2月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

安全運転

海外から初めてロサンゼルスを訪れる方は、フリーウェイの広さにさぞかし驚く事でしょう。しかし!長年ロサンゼルスで暮らしていて、毎日のようにそのフリーウェイを利用している私が今でも信じられないのは、その広さでもなく、悪名高い渋滞でもなく、つぎはぎだらけの路面でもなく、車間距離です。
405_001

前方の路面にしっかりと残っているブレーキ痕は、数日前私のタンドラが残したもの (のはず...)。時速約120キロからフルブレーキングでした。十分な車間距離をとらずに追い越し車線を走行中、緩やかな前方右カーブの先が渋滞になっている事に気付くのが遅れました。フルブレーキング後、そのままでは前方で急に減速したホンダCR-Vへの衝突は避けられない状況でしたが、幸い左の優先車線が空いていたので、咄嗟にステアリングを左にきりながら衝突回避!と思いきや、タンドラの体勢が大きく崩れる!慌てて右足からブレーキペダルを離すと、今度は体勢が逆に崩れ、直ドリ状態。すかさずアクセルを踏み込み強引に体勢を整えなんとか事なきを得ました。フルサイズP/Uの危険時の拳動というものをまざまざと体感させられた気がします。大げさではなく、本当に横転するかと思ったほど、車体が傾いたのにはビビりました。
405_002

しかしこれが現実です。この写真、渋滞時に撮影したものじゃありません。時速約120キロ前後の状況です。さすがNASCARの国!なんて言っている場合じゃありませんが、普段追い越し車線を走る車はイキりたっているのでかなり危険。この車間距離でドライバーは普通に携帯で喋っていたり、突如車線変更したり、中には写真を撮っている輩がいるわけですから、L.A.のフリーウェイ、恐るべしです。
405_004

この速度域では、最低この程度の車間距離は必要ですね。 想像を遥かに超える予期せぬ出来事が起こるのが、南カリフォルニアのフリーウェイ。突然ど真ん中に脚立が落ちていたり、突如4人がけのソファが鎮座していたりと、ありとあらゆる「落とし物」は日常茶飯事。実はほとんどが、P/Uトラックの荷台からの落下物なんですね...。私の先代タンドラもフリーウェイ走行中、どこからともなく転がってきた正体不明の塊で、フロントバンパーが大きくへこみました。もしあれがフロントガラスだったら...。(怖) 不可抗力の事故も多々ありますが、つねに自分が気をつけていれば事故に遭遇する確率は低くなるはず。皆さんはくれぐれも安全運転を!
405_003
日記 | 投稿者 ウルフ 19:10 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]