タンドラ日記

<<  2006年 10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

働くP/Uトラック

タンドラオーナーになるまでは、普段P/Uトラックを意識する事などほとんどありませんでしたが、今では町中、フリーウェイ、パーキングなどすれ違うタンドラや前を走っているP/Uが気になってしょうがありません。ハデなリフトアップを施したカスタムP/Uなどは嫌でも目に留まってしまいますが、私が最も気になってしまうのはやはり働くP/U。職業病だな、なんて声も聞こえてきますけど。
worktruck001

ダブル/クルーキャブが主流になった感のあるアメリカのP/U市場。巷で見かけるタンドラも最近ではダブルキャブの割合が高くなってきました。広い車内、グレードによっては高級SUV並みの豪華装備に、サンルーフのオプションまで。平日は力仕事でトレーラーや現場機具を引っ張り、週末はプライベートボートやジェットスキーを引っ張る。しかも乗り心地は乗用車さながら。燃費の事さえ考慮しなければ、まるで夢のクルマのようです。
worktruck002

アメリカではこんな古いP/Uもまだまだ現役で働いています。これはベッドのマットレスを運んでいますが、ちょっと尋常じゃない積み方です。限界にもほどがある...。
worktruck003

ホント、アメリカでP/Uトラックは酷使されているんですよね。もちろん普段の乗用としてP/Uに乗っている人も多いですが、その多くは日本の2トントラック的な使われ方に近いかもしれません。
worktruck004

現場関係の人が乗っているP/Uで最近よく見るスタイルがコレ。10インチ以上のリフトアップに、20インチ前後のホイール。このタイヤ、フリーウェイ走行大丈夫?なんて疑問が沸くオフロードタイヤ。いやー、P/Uトラックにハマッてしまった人間にとって、アメリカという国は毎日がエキサイティングな日になる事間違いありません。(笑)
worktruck005
日記 | 投稿者 ウルフ 14:31 | コメント(14) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]