タンドラ日記

<<  2007年 9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最近の記事
引っ越しました。
09/12 07:31
続 ドラッグレース
09/10 10:21
木曜日はドラッグレー…
09/09 06:18
タイタン!
09/06 14:06
働き者
09/05 16:38

北カリフォルニア

ロサンゼルスを午後10時に出発し、サンフランシスコ北部Sebastopolという町に到着したのは明け方5時。オーナーを叩き起こす訳にもいかないので、スーパーの駐車場で仮眠を取っていると、逆にこの鶏達に叩き起こされました。さすがに野生の鶏ではないと思いますが、いかにのんびりとした田舎町かこれでおわかりいただけるでしょう。
sf_travel001

寝ぼけまなこの状態でオーナー宅に到着。これが今回L.A.まで引っ張って帰るトレーラーです。Streamlinerという1966年製の19フィートのキャンピングトレーラーで、現在では非常にレアなモデルだとか。ビンテージトレーラーといえばAirstreamがポピュラーですが、当時は様々なメーカーからこのようなアルミ製の外装のキャンピングトレーラーが販売されていたそうです。
sf_travel002

気さくな年配オーナー夫妻のビンテージトレーラーに対する熱いトークを、寝ぼけまなこのまましばらく聞かされました。その自宅の広大なバックヤードにはエアストリームを含む数台のトレーラーが保管されていて、今回はそのコレクションの中の一台を譲ってもらったという訳です。(もちろん私がという訳ではなく、日本にいるお客様が、です。笑) ちなみに後方に写っているのは、自宅ではなく、趣味の家。日曜大工とはいえ、プロ並みの工作機械が揃っていて、趣味でトレーラーの内装キャビネットなどを自作しているそうです。その3倍はあるであろう本宅はまた別。やはりスケールが違います。
sf_travel003

オーナー夫妻に別れを告げ、Sebastopolの町でタンドラを満タンにし、いざL.A.に向けて出発です。このリアのテールライトが特徴的で、エアストリームなどとはまたひと味違った魅力があります。しかし、40年以上も前に製造されたトレーラーなので、フリーウェイ走行には多少の不安があるのも事実。L.A.までの道のりは約450マイル...。のんびり帰ります。
sf_travel004

昨晩降り続いた雨が嘘のようです。このようなフランスの田舎町のようなのどかな風景は南カリフォルニアでお目にかかる事はありません。すぐそばにはワイナリーで有名なNAPAの町があり、道中も多くのワインヤードが見うけられました。空気もきれいで最高です。
sf_travel005

この日の夜中に、土砂降りの中渡ったゴールデンゲートブリッジを、今度は逆から渡り、サンフランシスコの町へ入ります。果たしてL.A.まで無事にたどり着けるのか?
sf_travel006
仕事中 | 投稿者 ウルフ 10:07 | コメント(10)| トラックバック(0)

雨のサンフランシスコ

サンフランシスコへ来ています。正確にはS.F.から北に約50マイルの小さな町。L.A.からS.F.までは最短距離で約400マイル。渋滞を回避する為、L.A.を出発したのは夜10時。途中から雨が激しさを増してきましたが、順調にフリーウェイを飛ばし、約6時間後にオークランド到着。料金所で通行料を支払い、オークランドベイブリッジを渡り、S.F.のダウンタウンへ入ります。
sftrip001

夜のベイブリッジはなかなか雰囲気があって好きです。日本に居た頃はバイト先の車を勝手に持ち出し、夜な夜な大黒P.A.までクルージングをしていたものでした。(笑) ちなみにここの通行料は5ドル。余談ですが、日本で会社のクルマを乗り回していた若かりし頃、首都高の普通車通行料はまだ400円でした。レイブリはまだありませんでしたけど。
sftrip002

サンフランシスコの町を素通りし、ゴールデンゲートブリッジを渡って目的地へ向かいます。ちなみに旅行ではありません!仕事です。タンドラできているという事は....。そうです。あるモノを引き取りにきました。そのあるモノとは?次回にご期待!?
sftrip003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 11:13 | コメント(5)| トラックバック(0)

トヨタグランプリ @ ロングビーチ

チョビっと忙しい日々が続いていますが、皆さんが興味を持たれそうな話題は頑張ってアップします。早朝7時、カリフォルニアらしくない曇り空の中到着した場所は....
toyotagrandprix07 001

ロングビーチ。今週末に開催されるToyota Grand Prix of Long Beachの取材です。レース本チャンは土日ですが、今日はフジテレビさんの仕事で、このレースイベントの目玉の一つでもある"セレブリティレース"の練習走行の取材です。いわゆる"セレブ"と呼ばれる人達が、写真のScion tCを操り、当日熱いバトルを繰り広げるわけです。恐らく日本未発売のこのtC、吸排気系をライトチューンされ、TRD製スーパーチャージャーで200馬力以上を発揮。足回りはもちろん、フルロールケージのけっこう本格的なレースカーです。
toyotagrandprix07 002

本日我々取材チームに課せられた最重要課題は、アノ人へのインタビュー...。すでにプレスが群がっています。マスコミ嫌いで知られる人間だけに、不安で仕方ありませんが、こうなったら当たって砕けろです。そのカメラシャイで有名な人物とは?
toyotagrandprix07 003

ジョージ・ルーカスです。そうです、スターウォーズのルーカス監督です。私が知る限り、ルーカス監督の参加はこれで二回目。よしよし、今日はなかなか機嫌が良さそうだ。これならウマくいけそうだ...。
toyotagrandprix07 004

右の女性は、ホノルル出身のハリウッド女優、ケリー・フーさん。私の独断と偏見でインタビューさせて頂きました。セクシーで、カッコよくて、尚かつ愛想もイイ素晴らしい方でした。最近ではX-MEN2に出演されているそうです。しかし、ルーカス監督、モテモテでなかなか我々にチャンスが回ってきません。これはヤバイ。
toyotagrandprix07 005

とりあえず、様子を伺っていると、デイブ・ミラを発見!彼は私にとったらまぎれもないセレブ。BMX界、そしてX-Game界のカリスマです。職権乱用、公私混同などなど、スタッフからの罵声も右から左に聞き流し、私もしっかり2ショットとサインを頂きました。それにしてもアメリカの有名人は本当に気さくです。
toyotagrandprix07 006

そうそう、忘れるところでした。(笑) これはトヨタのレースイベントです。なのでこんなクルマも展示されていました。さあ、これから編集作業なんで、続きはまた次回に!
toyotagrandprix07 007
仕事中 | 投稿者 ウルフ 12:21 | コメント(6)| トラックバック(0)

フルサイズワゴン

先日、昨年末から進行していたとあるプロジェクトがとうとう完成しました。L.A.郊外の某工場にてブツをピックアップ。こういう時、P/Uは非常に便利です。
packages001

本日はいよいよその納品日。久々に登場のスクワイア。My営業車です。(笑) 納入先に向かう前に数カ所寄らなければいけないので、自宅にて積み替え作業。盗難にあったら大変です。こういう時は逆にトノカバーやシェルがないと不便ですね。
packages002

さすがアメリカンフルサイズワゴン。これでセカンドシートを倒せば、さらに積めます。ワゴンでこの積載能力は驚異的!? P/U並みですね。(笑)
packages003

しかし、サスがへたっているのであまり積みすぎるとローライダーになってしまいます。購入当初はベタベタに落とすつもりだったので、個人的には嫌いじゃないんですけど。(笑) ところで箱の中身は?フフフ、次回のお楽しみです。
packages004
仕事中 | 投稿者 ウルフ 10:14 | コメント(5)| トラックバック(0)

現在こちらは雨の三連休。久々に激しい雨が降りました。405フリーウェイ北方面は事故渋滞で最悪の状況。私は仕事でオレンジカウンティへ (南下) 向かいます。
rain001

締め切り間際の仕事場。プレビュー用に61インチのプラズマが本日導入されました。今回のプロジェクト、CGチームは映画X-MENなどを担当したスゴ腕揃い。サウンドもスパイダーマン2を担当したエンジニアなど、まさにドリームチーム。彼らの超一流の仕事ぶりにはただただ圧倒されるばかりです。
rain002

作業が追いつかずに、急遽応援で駆けつけてくれた友人の日本人エディターNさん。華奢な女性ですが、連日の徹夜作業をものともしない、非常にタフな方です。彼女は先にリリースされたB'zの最新ライブDVD、"Monster's Garage"の編集を担当したこれまたスゴ腕エディター。頼もしい助っ人です。
最近、仕事ネタばかりですが、タンドラ&P/Uネタ、山ほどたまっています。ただ時間がありません。今週が山場のこの仕事、無事終了すればがんがんアップしていきますので、タンドラ&P/Uファンの方、今しばらくお時間を!
rain003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 23:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

給油

現在、明け方の5時半。途中で満タンにし、帰宅。昼と夜が逆転した生活がここ2ヶ月ほど続いています。自宅からオレンジカウンティーまで毎日通う通勤距離は往復約120キロ。当然タンドラだと週一単位の給油ではもちません。最近は給油も夜中か明け方。誰もいないスタンドで、一人寂しく、タンドラの給油が終わるまでの長ーい時間を待ちます。
gasstation001

ここでは、一人乗車のフルサイズSUVやP/Uで長距離通勤、というのはいたって普通ですが、やはりV8だとガソリンコストの負担はかなりネックです。せめて1ガロンあたり20マイル走ってくれれば大変ウレシイですけど...。
gasstation002
仕事中 | 投稿者 ウルフ 22:41 | コメント(7)| トラックバック(0)

役得

映像編集のファーストステップで、けっこう時間と手間のかかる作業の一つが、俗に言う「デジタイズ」。素材テープをハードドライブにデジタルデータとして取り込む作業の事です。通常は面倒くさい作業なんですが、現在関わっている仕事に関しては、ワクワクして仕方がありません。なぜなら...
betacam2

新型タンドラの素材だからです!しかも広告代理店から直接届いたばかりの、まだ全米版未公開CFに、未公開PRビデオが収められたベータテープなんです。ご覧の通り、CrewMaxを含めた新型タンドラのフルラインナップ映像集が約10本。タンドラマニア?にとっては、これはヘタなHビデオよりヤバイ代物です!(笑) 取り込み作業は大変ですが、まったく苦になりません。(笑)
betacam

こちらはCFテープ。このブログをご覧になっているタンドラファンの方達に是非お観せしたい映像なんですが....。クビが飛んでしまうんで、ご容赦下さい!じゃあネタにするなって!?
betacam3
仕事中 | 投稿者 ウルフ 20:17 | コメント(2)| トラックバック(0)

都会派タンドラ?

今日は日頃お世話になっているお得意先への新年の挨拶回りでL.A.中を走り回りました。しかし町中を走っているとV8タンドラの燃費の悪さを改めて痛感します...。さて、このビルにはフジテレビのロサンゼルス支局が入っています。場所はビバリーヒルズからほど近く、スーツを着たビジネスマンが行き交うL.A.でも屈指のビジネス街。MYタンドラは何かの配達に来たとしか思われないですね。でもそのおかげで、デリバリーのふりをしてハザードを出していれば10分程度ならビルの真ん前に停めていても警備員は多少多めに見てくれます。なんせこのエリアは駐車代がバカ高いので、ちょっと悪知恵を使いました。
fujitv001

fujitv002

ビバリーヒルズを走っていると、こんなクルマが頻繁に現れます。
fujitv003

CM制作などでお世話になっているフジさんからはいつものように手帳とカレンダーを頂きました。
fujitv004

この本革手帳、高級感も十分ですが、中身もすごく機能的な素晴らしい手帳なんです。さすがフジテレビ、太っ腹です。今年はこの手帳のスケジュール欄がいっぱいになる位、頑張りたいと思います!
fujitv005
仕事中 | 投稿者 ウルフ 18:30 | コメント(12)| トラックバック(0)

初仕事

ここアメリカでは日本のように年始をゆっくりと過ごすという習慣はないようで、私も年明け二日から仕事始めです。先日、来週から開幕するデトロイトオートショーでデビューするTOYOTAのコンセプトスポーツカーの撮影がありました。場所はロングビーチ。派手なネオンサインですが、バーではありません。終了したのは午前3時。なので営業時間だけはバー並みです。中は非常に面白い雰囲気なんですが、写真撮影が禁止されているので、画像は外のネオンのみ。このクルマ、撮影終了直後にデトロイトへと輸送されていきました。さすがに写真を載せることはできませんが、実車はかなりイイ感じです。日本でもスクープで有名な某車情報誌などで話題になっていたので、ご存知の方も多いはず。それはさておき、我々タンドラ乗りにとって何より大きな話題はあのクルーマックスのデビューですね。現在関わっている仕事で、すでにその詳細や画像をチェックできる機会があり、クビを覚悟で皆さんにお見せしたいのですが、女房と大猫二匹を路頭に迷わせるわけにはいきません。各メディアのデトロイトショー速報をお見逃しなく!
southbaystudio01
仕事中 | 投稿者 ウルフ 03:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

師走

今年も恒例となった年末の大掃除ならぬ、大仕事が始まりました。今年で四年目となったこの某メーカーの某プロジェクト。始まってしまうと、サンタも年越しそばもおせち料理もなく、毎回締め切り間際は地獄のような日々が続きます。でも合間を見つけては頑張って更新していきます。今週末は最近手に入れた例のスペーサーのインストール計画を企てていますので、実現すればレポートします。それでは皆さん、頑張って忙しい年末を乗り切りましょう!メリークリスマス。december06001
仕事中 | 投稿者 ウルフ 16:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウォーキングDR

ウォーキングドクターこと、デューク更家さんのL.A.での初のトークショーが本日開催され、超大盛況のうちに幕を閉じました。今回はインタビュー撮影の仕事で会場へ。ほぼ満員の会場は、デュークさんの絶妙なトークとパフォーマンスで大熱狂。こちらが心配になる程のファンサービスに、プロ魂を感じました。舞台裏でもとても気さくで、スタッフにも気配りを忘れない素晴らしい方でした。日本各地でもイベントを開催されているようですが、これは絶対オススメです!
walkdoc001

どういう訳か最近無茶苦茶忙しいです。が!今日はもう寝ます。次回ネタはホイール交換。本当です...。Zzzzzz...
walkdoc002
仕事中 | 投稿者 ウルフ 18:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハリウッド

ハリウッドにある編集スタジオにて軟禁?状態が続いています。
hollywood001

徹夜明けの今日、ぎりぎりでプレビューに間に合い、ほっと一息。本業である編集屋の仕事が忙しくなってきたのは喜ばしい事ですが、タンドラねた滞っていますね。頑張ります...。
hollywood002

しかしすごい時代になりました。一昔前には考えられなかった事ですが、この弁当箱サイズのアルミボックス、外付けハードドライブなんですが、その容量はなんと1テラ。私がこの仕事を始めた頃にはテラって何?っていう状態でしたが、とうとう個人レベルでもテラ級のドライブが手に入る時代になってきました。出版関係の仕事をしていた頃には1ギガのJAZZディスクなんていうメディアでやりとりしていましたが、それの1千ディスク分の容量を気軽に持ち運べるなんて...。しかしこれでも非圧縮の映像素材をがんがんに取り込んでいるとあっという間に一杯になってしまうんで、また数年後には聞いた事もない単位のドライブが市場に出回っているのでしょう。ちなみにWikipediaによるとテラ(tera=1兆)の次はペタ(peta=千兆)、エクサ(exa=百京)、ゼタ、ヨタと続くそうです。はい、もう寝ます。
hollywood003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 17:14 | コメント(2)| トラックバック(0)

働くトラック

昨日無事に撮影が終了。今回はちょっと大掛かりな撮影になったので、照明チームが借りてきたトラックはこのフォードF550。日本だとこの手のトラックはキャブオーバートラックになると思いますが、ここではP/Uベースのヘビーデューティー (HD) シリーズが定番。
f550_001

引っ越しや機材運搬用のトラックはどう考えても日本のエルフやキャンターなどのキャブオーバートラックがベストだと個人的には思ってしまいます。なんか無駄が多いような気が...。見た目は文句なしにカッコいいんですけどね。
f550_002

排気量6.8L、V10エンジン。トヨタもいつの日かこのスペックのHDタンドラを投入する日が来るんでしょうか?
f550_003
仕事中 | 投稿者 ウルフ 16:39 | コメント(1)| トラックバック(0)

ダウンタウン L.A.

今日もL.A.の空は雲ひとつない快晴!紅葉の「こ」の字も感じられない毎日が続いています。早朝から向かった先は、ロサンゼルスのダウンタウン。週末なんでフリーウェイもスイスイ。
downtownla001

我が家から30分ほどで目的地に到着。この古ぼけたレンガ作りの建物内で昨日から仕事をしています。本当は最終日のSEMAに行く予定でしたが、急な仕事でこっちを優先せざろうえなくなりました。フリーで仕事をしてるんで当然の話ですが...。実はこの辺り、決して治安の良い場所ではないので、車を停める場所には気を付けなくてはなりません。ちなみに写真に写っている人物はアヤしい人じゃありません。(笑)
downtownla002

この建物、実は撮影スタジオなんですね。今回の写真は先日下見で訪れた際にPVを撮っていたあるバンドの撮影風景。
downtownla003

1930年代に建てられ、廃墟となっていたこの元倉庫を現オーナーが買い取り、約10年前から撮影スタジオとして貸し出しをしているそうです。ほとんど改修などの手が加えられていないというこの倉庫、すごくイイ味が出ていると思いませんか?先週は米系の某有名スポーツシューズメーカーがCM撮影を行っていました。ロケも含め、L.A.ではほぼ毎日至る所で様々な撮影が行われているんですね。今回私が手伝っている撮影の仕事は企業秘密?なんでちょとお伝えする事ができません。
downtownla004

PV撮影中のバンドのツアーバスならぬ、ツアーコンボイ。
downtownla005

クリスチャン系のロックバンドで、米国内ではかなり知名度は高いそうです。
downtownla006

このトラック、なんとこの20FT近いトレーラーも引っ張っているんですね。この倉庫がある場所はどん詰まりなんで、ずっと先からバックで入ってきた事になります。ただでさえ運転するのが大変そうな車両ですが、さすがアメリカ...。
downtownla007

ご興味のある方はどうぞ。
仕事中 | 投稿者 ウルフ 08:09 | コメント(2)| トラックバック(0)

現在仕事中

只今仕事中です。ちょっと煮詰まってきたので息抜きにブログ更新。P/Uネタじゃなくて恐縮です...。さて、L.A.には毎年多くの日本の著名人がやって来られます。お忍びも含め。(笑) 来月にはデューク更家さん (皆さんご存知ですか?) が地元情報誌のイベントでL.A.に来られます。現在そのイベントCMを制作中。事務所からお預かりした映像素材をつないで情報を載せるだけの簡単な仕事。しかしこの手の仕事で一番苦労するのが選曲。限られたBGMの中から内容やイメージにぴったり合う曲を選び出すのがけっこう大変。ウー、時間がない。あと数時間でクライアントがプレビューに来るというのにブログなんかを書いています...。
dukesaraie001

初公開!ここが私の仕事場です。自宅ガレージをちょっと改造した編集スタジオ!ならぬ編集小屋。ここから数々の名作?が誕生しました。
mygarage001

ガレージなんで、ガラクタもたっぷりあります。
mygarage003

E.T. 「オイオイ、サボってると....」
mygarage002

E.T. 「これを食らわすぞー!ビー!」
いやはや完全に現実逃避状態にハマってます。フリーマーケットに行くたびに何故か増えてしまったE.T.フィギュア。嫁には不評で、特にこの目と指が光るやつが一番気色が悪いそうです。私にとっては「癒し」なんですが、こんな私、ヘンですか?
mygarage004
仕事中 | 投稿者 ウルフ 09:01 | コメント(2)| トラックバック(0)

仕事の話

せっかく二代目タンドラを購入し張り切っているところなんですが、車運びの仕事が最近ちょいスローになってきたので別ネタでなんとか持ち堪えたいと思います。
CALTY01_001

私はフリーランスで映像制作の仕事をしておりまして、独立して以来孤軍奮闘を続ける毎日ですが、その反面、様々な面白いプロジェクトにも関わる機会を得ることができました。その一つがCALTY DESIGN RESEARCHでのお仕事。ご存知の方も多いかと思いますが、CALTYはトヨタ自動車の北米デザイン拠点。場所はオレンジカウンティーのニューポートビーチと、とても素晴らしい環境にあります。CALTYといえば、最近ではFJクルーザーや次期タンドラのコンセプトモデル、FTXのデザインなどが特に有名ですが、古くはあの卵型ボディで話題になった初代エスティマ (プレビア) や初代プリウスなども手がけたことで良く知られています。実を言うと私の嫁と、独立前に勤めていた会社の先輩がここに勤務しているというツテもありまして、4年前から毎年あるプロジェクトに関わらせて頂いています。そのプロジェクトとはプレゼン用ビデオの制作。幸運な事にも私は、日本本社で行われるこのCALTYの大掛かりなプレゼンで使われるビデオの制作に参加させてもらっています。そのおかげで、FJやFTXはクレイモデルの段階から観察させてもらう機会を得ました。ビデオはCALTYの活動報告、次世代コンセプトモデルやその提案など、非常に興味深いものなんですが、内容は極秘中の極秘扱いになるのでこれ以上は語ることができません。(当然ですね....。)
で、なんでそこに私の古いフォードワゴンがあるのかと言うと、これはちょっとしたイメージ映像を撮ってもらっているところなんです。プレゼンの内容にはまったく関連性はありません。CALTYのスタッフがフォードのフルサイズワゴンを極秘裏に研究しているわけでもありません。(笑)
CALTY01_002

デザイナーさん達にはなかなか好評だった私のワゴンですが、彼らにはこの古めかしい時代錯誤の車を購入してしまった私の脳みそは理解できないようでした。写真の一番手前の人物は、FJクルーザーのインテリアを担当されたデザイナーのビルさん。左端にちょこっとだけ写っている方はFTXのインテリアを担当されたアルさんです。
CALTY01_003

ちなみに、毎年この仕事が始まると冗談抜きで地獄のようなスケジュールになります。だいたい年末年始に重なる締め切り間際は寝袋持参の泊まり込みで、過去2年クリスマスも正月もありませんでした。でも、私は編集担当なので、一台のクルマのコンセプトが生まれ、それが実際のカタチになっていくてストーリーなどをつないでいくのは非常に楽しいものがあります。今年はどうなることやら...。
CALTY01_004
仕事中 | 投稿者 ウルフ 07:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

本業

ブログスタート以来、Towingネタが中心だったので、たまには私の本業の話で一息。といっても、たまに何が本業なのかわからなくなる時もありますが、現在のところ?メインは映像制作の分野で生計をたてています。映像制作と一口にいっても業種は多岐にわたりますが、私はその中で編集を中心に仕事をしています。以前にもお伝えしましたが、フリーランスなので依頼があればヘタくそながらもスタジオを出て現場でカメラを回す事もあれば、それこそADになることもあります。
これは日本の某有名バンドのPVロケ現場。場所はL.A.から北に車で約1時間走ったとある自然保護区内の公園。場所柄、多くの映画やドラマの撮影にも使われています。
shooting01

今回の仕事はロケの舞台裏撮影とその編集。いわゆるメイキングビデオの制作です。使用したカメラはパナのDVX/24pモード。PVの方は今回はフィルムではなく、定番のソニー Cine Alta。クレーンショットが見事な仕上がりでした。ちなみに発売早々オリコン1位を獲得していたので、ひょっとしてご覧になった方もいるかも。この画像だけでわかるかな?
shooting02

日米問わずPV撮影のスケジュールはかなりタイトでハード。公園での撮影終了後、すぐさまL.A.ダウンタウンに移動。某ホテルの屋上へリポートでの夜の撮影。総勢約80名のスタッフの大半は現地のアメリカ人。当然分業制が徹底されているので、セットアップは早いです。しかし昼間とは打って変わって寒さに震えながらの撮影になりました。
shooting03

フリーになって以来今回で3回目となったこのバンドとのお仕事、スタッフの中に強烈な雨男/女がいるらしく、前回、前々回とこのカリフォルニアでは珍しく大雨。今回は.... 二日目のサンタモニカでの撮影でやはり土砂降りの大雨。うーん、一体誰?もしかして自分?それは次回お手伝いする機会があれば証明されるでしょう。
shooting04
仕事中 | 投稿者 ウルフ 18:01 | コメント(4)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]